「私たちを守るはずの家が凶器になる」そんな恐ろしいことを考えたことがありますか?
地震が来るから、多くの命が奪われるのではありません、地震で建物が倒壊するから多くの命が奪われるのです。阪神・淡路大震災では、亡くなられた方の8割以上が木造家屋の倒壊が原因で亡くなりました。

安心して暮らせる毎日は、まず住まいが安全であることが条件です。
ナカムラ建工では耐震診断を通じて大切な家族の命を守る住まいの安全点検を提案しています。
以下ページでは施工の流れをご紹介しておりますので是非ご覧ください。
耐震リフォーム施工の流れ

-命を守るために建物を倒壊させない…確かな備えは知ることから始まります-

日本の木造建築物は建築基準法という法律に基づいて作られますが、時代に応じて改正が繰り返されてきました。
大きくは昭和56年(1981年)に壁量(地震に対抗する壁の量)の改正が行われましたが、現在の基準で定められている筋かいや柱に取り付ける金物の規定、壁の配置バランス等は平成12年(2000年)に改正されました。
よって平成12年(2000年)以前に設計された建物については大地震の時に倒壊する恐れがないかを診断する必要があると考えます。
-耐震技術認定者が責任を持って診断します-

耐震診断はすべて耐震技術認定者が実施します。耐震技術認定者講習会を受講し、講習会後の考査に合格しなければ、耐震技術認定者になれません。

また、耐震技術認定者は3年に1度更新講習会を受講することが義務つけられており、その都度考査を行います。
耐震技術認定者は診断の際に必ずネームプレートを所持しております。まずはネームプレートご確認ください。

診断の流れは以下のようになります。

診断1:床下の確認

診断2:床下の状態

診断3:内装材の確認

診断4:小屋裏の確認

診断5:基礎の鉄筋の有無を確認

診断6:2階床下地を確認

診断7:外壁クラックの確認.

-いざという時の建物の弱点を明確にします-

耐震診断を実施すると、建物の下記の状況が明確になります。
必要な強さ(Qr)、評価できる強さ(Pd)、家のつよさ(P)強さのバランス(E)、家の劣化度(D)。
調査をもとに、建物の大地震時における安全性を4段階で判定します。診断の結果、倒壊の可能性があると判定された場合は、ご予算や今後のライフスタイルを考慮して耐震補強プランの作成を行います。
補強プランは一度に施工することもできますし、段階的に施工することも可能です。その場合は1階部分を潰させないなど、補強方法に優先順位を付けて検討します。
-今なら様々な制度を活用することで低価格で診断~耐震工事をすることができます-

ナカムラ建工では、木造2階建て建築物の耐震診断(一般診断法)にかかる費用は5万円です。
診断の結果、補強が必要と判断された場合はさらに耐震補強設計で5万円~20万円、補強工事費用で30万円~150万円程かかりますが多くの自治体で50%~80%の助成金制度が有ります。

また住宅金融支援機構の「高齢者向け返済特例制度」…満60歳以上の高齢者の方が自ら居住する住宅に耐震改修工事を行う場合について、返済期間を申込本人の死亡時までとし、毎月のご返済は利息のみをお支払い、借入金の元金は申込本人(連帯債務者をふくみます)が亡くなられたときに一括してご返済する制度を利用すれば、毎月の返済を抑えた形で耐震補強工事が可能になります。
例えばこの制度を利用して300万借り入れた場合でも月々の返済額は8,750円(年3.5%)となります。

耐震チェックシートはこちら PDFで開きます

項目 評点
建てたのは1981年6月以降 1
建てたのは1981年5月以前 0
よく分からない 0
項目 評点
大きな災害に見舞われたことがない 1
床下浸水・床上浸水・火災・車の衝突事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した 0
よく分からない 0
項目 評点
増築していない。または、建築確認など必要な手続きをして増築を行った。 1
必要な手続きを省略して増築し、または、増築を2回以上繰り返している。増築時、壁や柱を一部撤去するなどした 0
よく分からない 0
項目 評点
傷んだところは無い。または、傷んだところはその都度補修している。健全であると思う 1
老朽化している。腐ったり白蟻の被害など不都合が発生している 0
よく分からない 0
項目 評点
どちらかというと長方形に近い平面 1
どちらかというとLの字・Tの字など複雑な平面 0
よく分からない 0
項目 評点
一辺が4m以上の大きな吹抜はない 1
一辺が4m以上の大きな吹抜がある 0
よく分からない 0
項目 評点
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁があるまたは、平屋建てである 1
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がない 0
よく分からない 0
項目 評点
1階外壁の東西南北どの面にも壁がある 1
1階外壁の東西南北各面の内、壁が全くない面がある 0
よく分からない 0
項目 評点
瓦など比較的重い屋根材であるが、1階に壁が多い。または、スレート・鉄板・銅版など比較的軽い屋根材である 1
和瓦・洋瓦など比較的重い屋根材で、1階に壁が少ない 0
よく分からない 0
項目 評点
鉄筋コンクリートの布(ぬの)基礎またはベタ基礎・杭基礎 1
その他の基礎 0
よく分からない 0

※ご注意)この診断では地盤については考慮していませんので、ご自宅が立地している地盤の影響については専門家におたずねください。

コンタクト